1. TOP
  2. コラム
  3. AGAを予防するにはどのような対策が必要?原因や予防方法、注意点を解説

オンクリコラム

column

薄毛

AGAを予防するにはどのような対策が必要?原因や予防方法、注意点を解説

この記事は約 6 分で読めます

「家族や親族に薄毛の人が多くいるから、自分もいずれ悩む日がくるのでは」と不安を感じている方もいるかもしれません。ただし、いまからAGAの原因とその予防方法、治療方法などを知っておくと、いざ対処するときに役立ちます。

本記事では、上記に加えAGAの予防や治療をする際の注意点を解説しますので、しっかりとチェックしていきましょう。

AGAの原因

AGAは、進行性の脱毛症です。AGAが発症する主な原因は、男性ホルモンの影響です。「5αリダクターゼ」という酵素により、男性ホルモンである「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」へ変換されます。
その結果、髪の毛の成長期が短縮されてヘアサイクルに乱れが生じてしまい、薄毛が進行します。成長期が短くなるため、健康的な髪の毛が充分に育たず、成長する前に髪の毛が抜けたり、細く短い毛が多くなったりするのです。

AGAの予防方法

AGAを発症するおそれのある場合は、なるべく早く予防し始めたほうがよいでしょう。本項目ではAGAの予防方法を説明しますので、普段から取り入れてみてください。

専門的なクリニックの治療で予防する

AGAの予防として効果的なものが、専門クリニックでの治療です。AGAの進行を抑制する薬には「フィナステリド」や「デュタステリド」が用意されています。
これらの薬は、AGAの原因である5αリダクターゼをブロックする作用があるため、薄毛予防に大きな効果を発揮する可能性が高いでしょう。

バランスの良い食事をとる

髪の毛が健康的に成長するためには、食事からの栄養補給が大切です。バランスの良い食事は、髪の毛にとって良い栄養素の摂取につながります。

たとえばタンパク質やビタミン、亜鉛などのミネラルを積極的に摂取するように心がけておくとよいでしょう。肉類や青魚、大豆製品に多く含まれるタンパク質は、髪の毛を形成するのに必要な栄養素です。加えて、ビタミンやミネラルは髪の毛の成長を促進させる働きがあるので、AGA予防には欠かせません。

生活習慣を見直す

睡眠不足や運動不足、ストレスの溜め込みなど、生活習慣が原因で体調や頭皮環境が悪化し、薄毛の原因となる場合があります。AGAを防ぐためにも質の良い睡眠を取ったり、適度な運動をしたりして、ストレス解消を図りましょう。

ただし、喫煙や飲酒がストレス発散となる場合は、禁煙・禁酒をするか、量を減らしてください。過度な喫煙や飲酒は、AGAや薄毛の原因につながるため、心当たりのある方は控えたほうがよいでしょう。

毎日のヘアケアを欠かさない

シャンプーなど、毎日欠かさずにヘアケアをし、頭皮を清潔に保つことが大切です。シャンプーを購入する際は、自分に合ったものを選びましょう。頭皮の乾燥が気になる場合は、低刺激で洗浄力が適度なシャンプーを選ぶなどの工夫が必要です。
ただし、シャンプーは1日1回までにしてください。シャンプーのしすぎは頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまうため、かゆみやフケなどの原因となります。

AGAの治療方法

AGAを本格的に治療する場合は、いくつかの方法があります。治療を行う際は、自分自身の症状と照らし合わせて最適な方法を選択するのが大切です。AGAの主な治療方法として、内服薬と外用薬、外科的治療を紹介しますので、今後の治療方針の検討材料としてお役立てください。

内服薬

AGAは内服薬による治療が一般的です。「フィナステリド」や「デュタステリド」は上述のとおり、AGAの原因である5αリダクターゼをブロックする効果があります。

一方、「ミノキシジル」は髪の毛の成長させる毛乳頭細胞に働きかけ、発毛を促します。ただし、ミノキシジルの内服薬は、国内未承認です。そのため、ミノキシジルの内服薬を希望する場合は、経験や知識のある医師に相談して処方してもらうようにしましょう。

外用薬

AGAにおける治療には、ミノキシジル外用薬を併用して、発毛促進を狙うことも多い傾向があります。ミノキシジルの外用薬の効果は、内服薬と同様です。
効果が出るまでは使用を開始してから約6ヶ月と言われています。なかには約3ヶ月で効果が出る場合もあり、個人差があることも特徴の一つです。「効果がない」と早い段階で判断するのではなく、最低でも6ヶ月は様子をみたほうがよいでしょう。

外科的治療

AGAを予防する治療において、メソセラピーやHARG療法などの外科的治療もあります。メソセラピーやHARG療法とは、髪の毛の成長などに有効な成分を、頭皮に直接注射する治療のことです。効果が出るまで期間が比較的短いというメリットもあり、早い段階で増毛感を得られるかもしれません。
※AGAオンクリでは外科的治療を取り扱っていません。

AGAの予防・治療を行う際の注意点

AGAの予防や治療を行う場合、いくつかの注意点があります。注意点を知らないまま予防や治療を始めてしまうと、後悔するおそれがあるので、しっかりと把握しておいたほうがよいでしょう。早速、AGAの予防や治療を行うときに、注意したい点を解説します。

AGAはセルフケアだけでは完全に予防できない

上述したとおり、AGAはジヒドロテストステロンなどの影響で成長期が短縮し、ヘアサイクルが乱れて進行する症状です。AGAを予防するためには、原因に対する直接的な治療が欠かせません。食事や生活習慣、ヘアケアは、あくまで頭皮環境を整えることに有効で、直接的な治療ではないことは理解しておきましょう。

髪の毛のヘアサイクル回数は決まっている

人の髪の毛のヘアサイクル回数は、20〜40周ほどと決まっています。AGAが進行し、ヘアサイクルが短くなると、やがて髪の毛が寿命をむかえて生えてこなくなります。そのため、薄毛や抜け毛が気になる場合は、ヘアサイクルが残っているうちに予防を行うとよいでしょう。

早めのクリニック受診で薬代が安くなることもある

上述のように、AGA治療薬にはフィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルなどがあり、AGAの進行状況にあわせて治療薬が処方されます。AGAが進行していない早い段階で予防や治療をはじめると、フィナステリドのみなど、1つの治療薬で効果が実感できるケースもあり、それだけ治療薬にかかる費用を抑えることもできます。

AGAの予防は早期の対策が大切

AGAの予防には専門クリニックでの治療やセルフケア(食事や生活習慣)があります。AGAは進行性のため、早い段階から予防や治療が大切です。AGAの予防や治療に関して気になっている方は、専門のクリニックで相談することをおすすめします。

AGAオンクリでは、AGAの進行状況にあわせて治療薬を処方しています。そのため、一人ひとりに合った治療法を実践でき、効果を得られるのが早くなるかもしれません。さらに、カウンセリングから薬の処方まで、すべてオンラインで完結します。
24時間365日診察を行っているので、忙しくてまとまった時間がとりにくい方でも気軽に相談可能です。カウンセリングを予約したい方は、下記のフォームから申し込めます。まずはカウンセリングを予約し、自分の症状を詳しく知ることから対策を始めましょう。

以下のリンクから、当クリニックの相談の予約ができます。相談は無料ですので、AGA治療に興味のある方は以下のリンクよりお問い合わせください。

24時間365日相談OK!